コロナの影響を受けて今年3回目の観音山に登山

 6月8日(月)今年3度目の観音山に登りました。これまでは毎週1回の山の会の例会に参加して山を歩いてきましたが、2月の上旬以降はコロナウイルスの感染が怖くなり、バスや電車に乗らなくなりました。
 そのために近くの森林公園や甲山・神呪寺への不定期の散歩をしてきましたが、田舎暮らしのために散歩も滞りました。6月4日に田舎から帰り、少し休んで日曜日は人出があると思い、月曜日に家から歩いて登れる山の観音山に行きました。
 6月に入っても晴天の夏日が続き、午前10時に家を出ましたが、風は爽やかですが強い陽射しが照りつけて、先行きに少し熱中症の不安を持ちながら歩きました。


家を出て市街地のなかを日蔭を求めて歩きます。関学高等部の木陰にアジサイが色づき始めました。
p686.jpg
関学の校舎の横を歩きますが陽射しが強くて木陰がありがたい。(10:15) 上ヶ原浄水場の横を歩き、森林公園の中の木陰の道の爽やかな風が気持ちが良い。
p687.jpg
森林公園を出て神呪寺の入口の前で休憩します。(10:52) これから鷲林寺まで車道を歩くので日蔭は望めない。日中の暑い時間帯で熱中症の不安がよみがえる。
p688.jpg
北山貯水池から観音山を見る。(11:05) ①観音山 ②トラピスト修道院 ③鷲林寺 ④北山貯水池。
ここまで来たら前方に観音山が見えて、車道歩きは暑さが厳しいのですが、身体も少しなれてきて、この先、鷲林寺の参道の登りにも不安があるが、行ける所まで行くつもりでゆっくりと進みます。 
p689.jpg
県立甲山森林公園の「自然観察池」付近を進む。車は行き来するが、人通りはない。快晴で目がクラクラするぐらい陽射しが強い。
p690.jpg
北山貯水池の道路高さから一旦車道は20m程下り、同じぐらい登り返すと鷲林寺参道の交差点に着く。(11:23) 車道から歩道(参道)に入る入口で休憩します。これから鷲林寺までの登りも距離はさほどでもないが苦手な登りがあります。途中でトラピスト修道院の前を通過して登ります。
p691.jpg
鷲林寺の入口。 (11:44) 入口をはいった右手に七重の石塔があり、武田信玄の墓と書かれた物があり見に寄ります。
境内の石段を登ったところで、長い距離を歩いてきてやっとここまで来たので、観音山の登りに備えてゆっくりと休みます。
p692.jpg
この墓地の道路の先が観音山の登り口です。(11:57) ここから待望の山道の登りです。少々時間がかかっても登り切る気持ちで取り付く。
p693.jpg
尾根に乗って展望の良いところで休憩して、南側に見えるガベノ城のピークと№37の送電鉄塔を撮る。(12:12)
p694.jpg
上と同じ所から北山公園と緑化植物園方面を撮る。
p696.jpg
上と同じ所から、少しかすんでいるが①アベノハルカス ②光っているのが大阪ドーム ③うっすらと二上山も見えています。
p697.jpg
いま登っている尾根も、2ツ北側のパノラマコースの尾根とよく似ていて、送電鉄塔までが岩尾根で険しい。
p698.jpg
尾根の途中から、森林公園から神呪寺、北山貯水池と歩いてきたコースが見えます。左下の建物はトラピスト修道院。
p699.jpg
この岩尾根を乗り越したところが、関電 新神戸線№35送電鉄塔が有ります。
p700.jpg
新神戸線№35送電鉄塔。 (12:40) 前回に来たときは作業員が鉄塔の周りを測量などしていましたが、今回は鉄塔周辺に樹脂ケースで保護された植物の苗木が多数植林されていました。№34~36まで見える範囲の鉄塔の周りが植林されていました。
p701.jpg
尾根を登り切り、観音山~ゴロゴロ岳縦走路に合流します。(12:53) 右に少し歩くと観音山頂上です。
p702.jpg
今年3度目の観音山(526m)頂上です。 (12:56) お寺から約1時間かかりました、10日ぶりの歩行なので仕方がないか。ここで食事を摂ります。頂上では人には出会いませんでした。
p703.jpg
食後の出発前に下界を撮りました。(13:25) 画像の右下は№35送電鉄塔。 
p704.jpg
観音山頂上からガベノ城①と下山する尾根。
p705.jpg
観音山~ゴロゴロ岳縦走路コアジサイが咲いていました。
p706.jpg
p707.jpg
縦走路をゴロゴロ岳方面に向かって歩き、ガベノ城分岐につきました。(13:53)
p709.jpg
ガベノ城に向かって下ると510m等高線辺りに展望岩が有りました。そこから観音山を確認してさらに下山を続けます。関電 新神戸線№37送電鉄塔の下を通過すると、まもなくガベノ城です。
p712.jpg
ガベノ城の手前の新旧巻き道の分岐に到着しました。左側の新の巻き道を下ります。
p713.jpg
巻き道の途中にガベノ城への標識がありました。ガベノ城まで標高差20mぐらいの登りですが、体力的に疲れているのでガベノ城は諦めて下山を続けます。
p714.jpg
ガベノ城の巻き道の途中から観音山を撮る。
 この尾根を下山路にえらんだことが間違いだと思いました。それはこの尾根が急傾斜で段差の大きいザレた道で木の根っこも沢山露出していて、疲れてスリップとか木の根に脚を取られると転倒の危険があると思い、慎重に行動しました。平日で登山者の少ないときにトラブルを起こすことに注意して、疲れて動きが悪くなっている中で無事に下山できたことが良かった。
p715.jpg
ガベノ城の東面の斜面に石垣が何段か見えますが、これは城壁ではなく急斜面の補強のように思いましたが詳しいことはわかりません。
p717.jpg
尾根の先に有る333mのピークです。頂上近くの斜面に白い踏み跡が見えます。左奥に甲山が見えます。
p720.jpg
さらに下ると国土交通省六甲砂防事務所「3級基準点」がありました。(14:53) もう周りの住宅と同じ高さになってきました。
p722.jpg
p721.jpg
登山口の近くに西宮市水道局 「剣谷配水槽」 がありました。ここから登山口の入口までキレイに舗装された道が続いていました。
p724.jpg
剣谷登山口に下山しました。(15:00) 左の石垣の上に「剣谷配水槽」が有ります。
p725.jpg
家から持参した飲料水が残りわずかで、自販機を求めて「柏堂」の西宮緑化植物園まで暑い陽射しの中を高級住宅街の道を歩いて、植物園の近くで自販機の飲料水を求めて、西宮緑化植物園の入口で水分を補給しながらゆっくりと休憩をして、体力の回復を図りました。(15:24) ここからは通いなれたルートでは有るが、疲れもあり、脚の痙攣や捻挫などの故障に気をつけて、ゆっくりのペースを守り、北山公園、北山貯水池、神呪寺、森林公園、上ヶ原浄水場、関学を経由して(17:00)に自宅に帰りました。所要時間は7時間でした。
p726.jpg
<マップ>
6-8gabeno.jpg
①市立上ヶ原小学校 ②神戸市水道局上ヶ原浄水場 ③関学第四フィールド ④仏性が原 ⑤森林公園入口 ⑥トラピスト修道院 ⑦鷲林寺 ⑧七曲り谷 ⑨縦走路ガベノ城分岐 ⑩剣谷 ⑪苦楽園尾根 ⑫ガベノ城尾根剣谷登山口 ⑬西宮緑化植物園 ⑭北山池 ⑮北山公園 ⑯縦走路奥池分岐 ⑰森林公園 甲山自然観察池。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント