たんば&せっつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 六甲:仁川渓谷〜甲山〜森林公園を歩く

<<   作成日時 : 2018/06/07 16:30   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

6月2日(土)、山の例会に参加して阪急仁川駅〜仁川渓谷〜仁川広河原〜市立甲山自然学習館〜甲山〜キャンプ場〜甲山湿原観察園〜森林公園〜軽登山道〜大坂城築城石材採取跡〜仏性ヶ原〜森林公園南入口〜〜阪急甲陽園駅まで9,5km、3時間45分のコースを男女22名で歩きました。
家からの携帯の歩数計は20,387歩、10.2kmでした。

仁川の河川敷でミーティングとストレッチをして出発します。今日は暑そうな天気です。仁川渓谷に向かいます。
画像

仁川最上部の車道に架かる橋の所から右折して急な住宅街の道を上ります。結局は標高差70mほど住宅街を登り、仁川渓谷左岸道に入り休憩しました。私はこの登りで完全に体力を消耗しました。阪神大震災前に愛犬の散歩で仁川渓谷右岸道を歩いた思い出がありましたが、そのイメージがあったのでこの住宅街の登りは想定外でした。
画像

仁川渓谷に入ると、足場は悪いがそれほどのアップダウンも無く仁川広河原に向かいます。この渓谷にはムーンライト、サンライト、三段岩、真珠、摩天楼、バットレス等の名前が付いた岩登りのゲレンデがありましたが今はどうなっているのでしょう。
画像

仁川広河原に到着しました。昔は仁川ピクニックセンターといわれ、キャンプや飯ごう炊さんなどで賑わった所ですが、阪神・淡路大震災で河原が液状化して草が生い茂り、人が来なくなりました。
画像

仁川広河原の木陰で休憩します。体力は大分回復しました。近くにある「なかよし池」では子供たちが小さい頃は貸しボートに乗って遊んだ思い出がありますが、いまはもうありません。
画像

仁川広河原から車道や遊歩道を歩き、西宮市立甲山自然の家、自然学習館の横から甲山頂上309.4m、二等三角点に登りました。やはり住宅街の登りのダメージがあり遅れて頂上に着きました。
画像

甲山頂上で昼食を摂ります。陽射しが強いので全員木陰の下に入りました。
画像

昼食のあと仁川に向かって北西の道を下ります。この道は余り歩きませんが、甲山に登る各登山道のうち一番自然に近い山道です。
画像

甲山の北麓の遊歩道を歩き、甲山湿原観察園の近くの池の上の木にモリアオガエル卵がありました。
画像

甲山森林公園の北入口を入った所にあるトイレ前で休憩します。
画像

このあと公園内の軽登山道を南に歩き、公園東入口近くの「仏性ヶ原」に最近言われるようになった「大坂城再築城時の石垣用巨石の採収跡」で休憩して、希望者のみ見学に行きました。私は3月に退院の翌々日に足慣らしでここを訪れました。
そのときのブログは↓にて。
http://fuukochan.at.webry.info/201802/article_8.html

画像

「大坂城再築城時の石垣用巨石の採収跡」の案内標識。
画像

このあと、「仏性ヶ原」の軽登山道を歩き、森林公園の南入口からバス道を下り、阪急甲陽園駅前のお店で乾杯して帰りました。
<Map>
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
六甲:仁川渓谷〜甲山〜森林公園を歩く たんば&せっつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる