たんば&せっつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 猛暑の会下山遺跡〜横ノ池〜七兵衛山を歩く

<<   作成日時 : 2017/07/16 21:47   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

7月15日(土)、会の例会に参加して阪急芦屋川駅〜会下山遺跡〜風吹き岩〜横ノ池〜甲南パノラマ道〜七兵衛山〜打越峠〜八幡谷〜天上川公園〜阪急岡本駅まで8.5km、3時間30分のコースを男女19名で歩きました。猛暑の時期でもありますので画像を含めて短縮バージョンでUPしました。
家からの携帯の歩数計は20、873歩、12.5kmでした。

いつもの集合場所、山芦屋公園。神戸の熱中症指数「厳重警戒」の出る中の例会に19名が参加しました。参加メンバーとコース紹介のあと、水分補給の注意事項を受けて出発するも、住宅街の道は炎天下で日影がほしい状態で会下山遺跡登山口の宗円寺の墓地に到着しました。ここまでのつらさから、この先の厳しさを思い浮かべます。
画像

山道に入り木陰の下を歩いてホッとしたのはつかのまで、熱さのために登り道のパワーが出ない、やっとの思いで会下山遺跡の跡に来ても休憩は無く、敗残兵のごとき足取りで歩きました。いつ倒れてもおかしくない状態の中、誰一人脱落することなくみんな頑張りました。
画像

リーダーの休憩の合図を神様の声のように有り難く思い座り込んで水分補給をします。何のために参加したのか?多くの人は7〜8月の六甲歩きは休止しているのに。願わくば途中リタイヤはしないように祈りながら歯を食いしばり。やっと蛙岩に到着しました。ここから魚屋(ととや)道に合流します。これから先も何ヶ所か登りがあります。
画像

風吹き岩の手前も厳しい登りが(暑い時期だけですが)続きます。風吹き岩には登らずに先に進み、木陰で休憩します。あと少し頑張って歩くと横ノ池に到着です。ここで昼食をします。池にはヒツジグサの白い花が咲いていました。春には池の縁が黒くなるほど居たオタマジャクシの姿は見えません。
画像

昼食後は横ノ池の雌池〜甲南パノラマ道〜七兵衛山に向かいます。横ノ池の池畔の木の枝にモリアオガエルの泡の卵を見ながら、イノシシのヌタ場の横を歩き雌池に向かいます。
画像

横ノ池の雌池のそばを歩きます。池の枯れ木がいい感じで立っていたのが整理されて殺風景な景色になりました。
画像

甲南パノラマ道の軽いアップダウンの道を歩き七兵衛山の登り口に来ました。頂上まで5分の立て札が有ります。
画像

つらい最後の登りを(5分間)頑張って七兵衛山(462m)に到着しました。涼しい風が吹き抜けて行きます。ずっとここに居たい気分です。
画像

下界は燃えるような熱気が感じられます。でも・・冷たいビールあるだろうなと・・頭が混乱します。
画像

七兵衛山から下り打越峠は通過して山の神まで休憩なしで下ります。暑さのために脚が痙攣しそうになりました。山の神でゆっくり休憩して、八幡谷の二体のお地蔵さんにお礼をして、天上川公園でクールダウンをして解散です。
画像

阪急岡本駅まで帰り、駅前のお店で冷たいビールで乾杯して、命が蘇った気になって帰りました。厳しい1日でしたが19名全員が無事に下山出来たことを喜びたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
猛暑の会下山遺跡〜横ノ池〜七兵衛山を歩く たんば&せっつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる