たんば&せっつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 六甲:摩耶アルプス〜摩耶鞠星台〜桜谷〜ツエンティクロスを歩く

<<   作成日時 : 2017/02/27 17:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2月25日(土)、例会に参加して表題のコースを歩きました。青空が広がる無風の暖かい好天に恵まれて早春の山を歩きました。
阪急王子公園駅に集合して、北側の公園でミーティングとストレッチをして出発します。王子競技場の横を抜けて青谷川に沿って歩き、行者堂跡〜摩耶アルプス(老婆谷西尾根、行者尾根)〜天狗道〜摩耶鞠星台〜桜谷〜生田川〜ツエンティクロス〜市ヶ原〜布引貯水池〜布引見晴らし台まで12.5km、4時間30分のコースを男女18名で歩きました。
約2週間前にも摩耶山に登りましたが後半の市ヶ原からコースがダブりました。
<すべての画像はクリックで拡大します>

青谷川を登ります。すれ違う年配者は毎日登山のメンバーでしょうか。(9:25)
画像

行者堂跡(行者茶屋跡)に到着して、休憩します。(10:08)
画像

摩耶アアルプスの岩尾根に向かって谷道を100m程登り(10:12)、木橋を渡って斜面を登って尾根に乗ります。
画像

摩耶アアルプスの急な岩尾根を登ります。途中で先行パーティーに追い付きペースダウンして、私的には有り難いことでした。(10:26)
画像

きわどい岩のトラバースです。先々週に登った木袋谷北尾根とほぼ同じ標高差(約250m)で岩尾根の急登が連続します。(10:30)
画像

だいぶん高度が上がって来ました、周りの山が低く見えるようになって青空も広がって来ました。我が隊の女性たちもベテランぞろいで元気に登り、私は置いて行かれそうになります。(10:37)
画像

私にとってこの尾根のは3度目ですが、いつも苦しい登りで、デジカメを撮るゆとりが無いのですが今日は先行パーティーが居てくれるおかげで少し余裕が持てました。(10:55)
画像

やっと六甲縦走路の天狗道に合流しました。(11:09) 地形図の620.8mのコブの所です。歩きやすい縦走路の道も、私の苦手な階段道が続きバテバテの状態で摩耶鞠星台に到着しました。ここで昼食をします。(11:25〜12:00)
画像

摩耶鞠星台を出発して桜谷道を下ります。
画像

桜谷道の道標です。(12:06)先日にリーダーが下見に来た時は谷が凍結していてアイゼンを付けて下ったようですが、今日は凍結も無くアイゼンを着けずに歩けました。
画像

穏やかな陽射を浴びて下ります。私はこの谷はだいぶん前になりますが登りも、下りも歩いたことが有ります。(12:06)
画像

右岸に渡ります。道はよく整備されています。(12:30)
画像

左岸に渡ります。一部谷から離れて高い所を歩く所もありますが、渡渉も多いようです。(12:34)
画像

再び右岸に渡ります。(12:34)
画像

生田川本流(右)と桜谷(左)との出合の岩場に来ました。(12:44)
画像

出合の急な崖を下り、徳川道に合流します。(12:44)
画像

生田川本流を渡ります。(12:45)
画像

黄連谷出合い を過ぎて崖の下をへつります。(13:37)
画像

同上を廻り込んだ所、桟道が新しく改修されています。
画像

飛び石では無くて木橋を渡ります。(13:39)
画像

飛び石で左岸に渡ります。この区間の木が伐採されていますが森林保護のためらしいが、理解に苦しみます。(13:42)
画像

広い河原の中州を行きます。前方に橋が見えます。(13:44)
画像

前方の橋は河童橋と言うらしい。上高地の河童橋よりチョット小さいか。(13:45)
画像

ツエンティクロスの飛び石を渡ります。(13:54) 黒岩尾根道、地蔵谷道、天狗道の各分岐を過ぎて市ヶ原でトイレ休憩をします。
画像

布引貯水池の五本松堰堤。日本最初の重力式コンクリートダムで1900年に竣工、国の重要文化財です。貯水池の水量は随分減っていて上流の普段は見えない小さな堰堤が露出しているのを初めて見ました。(14:41)
画像

五本松堰堤の下流側。コンクリートダムですが、型枠用の石積がそのまま残り山麓の優れた景観の構成要素になっています。(14:44)
画像

布引の見晴らし展望台でクールダウンをして解散です。今日はよく歩きました。解散のあと、雄滝の上の茶店でビールで乾杯して帰りました。茶店から雄滝を撮りました。(15:10) 滝の上部の何段かの滝も見えました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
六甲:摩耶アルプス〜摩耶鞠星台〜桜谷〜ツエンティクロスを歩く たんば&せっつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる